避妊薬と卵胞ホルモン、生理日を気にせず低用量ピル

経口避妊薬の俗称をピルと言います。低用量ピルというのは、ホルモン量が少ない避妊薬という意味です。
女性の体内では、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2つが作られています。エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンで、子宮内膜を増殖させて厚くさせる働きがあります。
プロゲステロンも卵巣で合成されて、乳腺発達、子宮内膜の調整、などに関わります。
正常な妊娠のために働くのが、エストロゲンとプロゲステロンです。
避妊薬を投与すると、その間は子宮内膜がずっと厚くなるので、生理が起こらなくなります。生理が起こるのは、エストロゲンとプロゲステロンの働きが弱くなって子宮内膜が剥がれ落ちるからです。
また、体外から女性ホルモンを取り入れることで、脳が十分なホルモン量に達したと勘違いして、卵巣にホルモンを分泌させる指令を出さなくなります。これによって避妊効果も得られるわけです。
こうして薬で生理の日付を変更することで、生理が起きて欲しくない日に生理が起こらずに気持ち良く過ごすことができます。
生理は通常28日周期で訪れますが、これを変更させられるということです。低用量ピルでホルモンバランスを整えておけば、服用を中止した後でも良いリズムで生理が訪れます。
また、月経不順の改善にも効果的です。生理周期が一定ではない、月経がいつ来るかわからない、というときに低用量ピルを服用することで、一定のリズムを作り出すことができます。冒頭でも言ったように低用量ピルはホルモン量が少ないので、副作用のリスクが抑えられています。
また、最近では卵巣がんや子宮体がんのリスクを軽減させるなどの嬉しい効果が期待できることもわかっています。