避妊中絶と死産との違いについて

中絶と死産には大きな違いがあります。それはお腹の中の赤ちゃんがどういう状態でいるかです。
死産は妊娠22週以降に胎児が亡くなり、摘出される場合を指します。妊娠中には流産も起こる可能性がありますが、流産は妊娠22週未満の場合に胎児が亡くなる場合を指すので、妊娠の週数によって異なります。しかしどちらも共通していることは、妊娠中に
胎児の心拍が停止し、お腹の中で亡くなるということです。
それに対し、中絶は胎児の心拍が停止していない状態でも体外に摘出することを指します。法律上では母体の健康上の理由、経済上の理由がある場合、レイプ被害等による妊娠の場合に中絶が認められています。また中絶が出来る期間は妊娠22週未満までと決められており、妊娠12週未満の妊娠初期と初期以降では中絶手術が異なります。初期以降になれば母体に与える影響が大きく変わってくるので、何かしらの理由があり、中絶を望むのならば早く決める方が負担は少ないと言えます。
命が亡くなる死産と命を奪ってしまう中絶ですが、どちらの場合も女性が受けるダメージは精神的にも肉体的にも非常に大きいです。しかし避けられないこともある死産に対し、中絶は避妊をすることで妊娠を避けることが出来ます。避妊というと、どうしても男性主体になりがちですが、避妊をしないで仮に妊娠をし、そのまま結婚、出産と行けば良いですが、今はまだ、という状況にもなりかねません。その場合に中絶を選ぶと、傷付くのは間違いなく女性です。心にも身体にも大きな傷を負うことを防ぐためにも、避妊は重要です。
男性の中にはコンドームを付けたがらない人もいます。それをそのまま容認してはいずれ妊娠する可能性が高いです。今はまだ妊娠を望んでいないなら、コンドームを付けるように話す、もしくはピルの服用で自分の身を守ることも重要なのです。