避妊の失敗に備えてモーニングアフターピルを用意

モーニングアフターピルは確実な避妊が出来ます。妊娠を防ぐことができるため、緊急避妊薬として多くの女性に服用されています。モーニングアフターピルという名前は、性行為の次の朝に飲むことから付けられたと言われていて、モーニングアフターピルを服用することによって、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐ効果があり、妊娠を回避することが可能です。
一般的に72時間以内に服用すると、妊娠のリスクがほとんどなく、避妊成功率が95%と非常に高いと言われています。モーニングアフターピルの服用が早ければ早いほど効果があり、すぐ飲むことが薦められています。副作用がいくつかあり、頭痛や腹痛、吐き気や嘔吐、不正出血などを感じる人がいるようです。吐いてしまうと効果がなくなってしまう可能性があるので、吐き気止めや酔い止めなどといっしょに服用すると良いでしょう。
一般的に妊娠すると子宮内膜が厚くなり、女性ホルモンの分泌が増加します。アフターピルを服用すると、多量の女性ホルモンを含んでいるので、生理をわざと誘発し、身体を強制的に妊娠しにくいような状態にします。子宮内膜が剥がれ落ちるので生理が起こり、生理が来たことによって避妊に成功したという証拠になるのです。
妊娠中絶は既に子宮に着床した受精卵を手術によって体外に排出するので、女性の身体にとても負担があり、大きなリスクを伴う場合があります。産婦人科での手術費用も高く、手術した後も病院での診察があったり、身体はもちろん精神的にもダメージを受ける場合があるでしょう。
アフターピルの場合、受精が着床してから服用しても効果がないので、着床する前に服用します。事後72時間以内に服用することで、人工的に生理を促します。そのため女性の身体に負担はありますが、妊娠中絶と比較すると負担は軽くなります。
人によってアフターピルの副作用があり、吐き気やめまい、頭痛や倦怠感などを感じる人がいますが、一時的なものなのでしばらくすると症状はなくなっていきます。妊娠中絶のような手術を受けずに済むので、望まない妊娠を予防するために準備しておくと良いでしょう。
望まない妊娠は女性に心身共にダメージを与えるので、アフターピルの知識を持っていたり、もしものために自宅にあると安心します。アフターピルはあくまで緊急避妊薬なので、毎回使用するものではなく、必ず緊急時に服用するようにし、身体に負担をかけないように日々気をつけることが大切です。