若年性更年期の女性は避妊薬でホルモンバランスの整え

避妊薬は若年性更年期の治療に使うことができます。本来は更年期は40歳を過ぎた女性は、女性ホルモンの不足のために発症するものです。しかしストレスや不規則な生活はホルモンバランスを見出し、20代~30代でも更年期障害が出ることがあります。女性の体はデリケートなので、女性ホルモンは卵巣だけでなく脳も正常に機能することで分泌されます。脳の視床下部に指令が届くと、卵巣が刺激される仕組みですが、自律神経が乱れることでホルモンバランスが狂うと火照りや手足の冷え、うつなどの症状が現れます。卵巣機能が低下したままにすると、回復をしないで閉経して更年期を迎えることになります。更年期によるカルシウムは不足は骨粗鬆症の原因になり、皮膚の保水力は失われて乾燥し肌荒れが増えます。女性は社会で活躍できる機会が増えたことで、男性と同じように重い責任の業務を任されることもあり、やりがいを感じながらストレスも抱えがちです。若年性更年期の疑いがある人は、ホルモンバランスが一時的に乱れていると我慢しないで婦人科を受診します。避妊薬は妊娠を防ぐために用いられると考えられますが、女性ホルモンを補うので若年性更年期を改善します。40代以降の更年期にはあまり効果がありませんが、若い女性の不調には対応できます。女性ホルモンの量を減らした避妊薬であれば、副作用のリスクが低いのでニキビを治療するとして10代も処方しています。ただし、避妊薬を服用するので妊娠を希望している人は使えません。自己判断で服用できるものではないので、治療のためには医師から処方してもらいます。婦人科では体調を悪化させないように、年に2回は血液検査をして女性ホルモンは過剰になっていないかを調べます。