初めての避妊薬では処方量と初診料はどれくらいか

避妊薬を使ったことがない方は、興味があってもなかなか気軽に一歩を踏み出せないことも多いです。一般的な病気の薬とは異なり、健康な方が使うので健康が害されないか、費用が掛かるのではと不安に感じることもあるでしょう。また、婦人科は行きにくい、あまり情報がなくて判断できないという方もいるでしょう。そんな避妊薬ですが、多くの女性系のクリニックで処方してもらえます。避妊目的や月経に関する悩みまで、体質的も問題がなければ処方可能です。特にチェックされることもなく、体に合った薬を相談の上、処方されるので誰でも服用できます。珍しいことではないので、病院でも流れに沿って診察し、処方となることが多いです。また、月経が辛い方には避妊薬で緩和することを推奨する医師もいます。ですので、特別なことではありません。処方には必ず最初は医師の診断が必要です。体質や服用している他の薬、既往症などを見て、医師が適切な薬を処方するために必要です。そのため、費用には薬代金はもちろん、初診料もかかります。しかし、初診料は保険がきき3割負担ですので数百円から千円台くらいで、他の病気で病院にかかった時と変わりません。ですので、お金がかかるというイメージは間違っています。多くの場合、問題がなければ初めから1カ月分の量をもらえます。と言うのも1ヶ月で1シートとなっている薬が多く、ホルモン量もコントロールされるので、1ヶ月服用が基本のセットとなっています。ですので、まずは1カ月分を処方されることが多いです。ただ、その最中でも不安な点が出たら、いつでも相談、薬の服用中止をしても構いません。薬の種類を変更することも可能です。その場合も医師に相談すれば安心です。