プラノバールで避妊は可能?お酒を飲む人への注意点

プラノバールは、女性ホルモンが配合された薬です。プラノバールを性交渉の前から服用開始する方法と、性交渉後に服用を開始する緊急の避妊の方法があります。
プラノバールを飲むと、黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモンのエストロゲンという2種類の女性ホルモンのバランスが整います。これにより子宮内膜を充実させて排卵後の状態にすることで排卵のタイミングをずらします。
排卵前に飲めば排卵が起こらなくなるので避妊が可能になります。プラノバールはホルモン量が中程度の中用量ピルに分類されています。低用量ピルよりも効果が高い分副作用のリスクが高くなるので、継続的な避妊を望む場合には低用量ピルを使ったほうが良いでしょう。
また、プラノバールは性交渉後のモーニングアフターピルとしても使うことができます。コンドームが破けてしまったなどの緊急時に、性交渉後72時間以内に一定の用量を服用します。避妊成功確率はかなり高いと言われています。
ただし、プラノバールはホルモン量が多いので、血栓症、吐き気、腹痛、不正性器出血、などの副作用のリスクが高くなります。なので、避妊目的で使うのであれば低用量ピルに変えて体への負担を少なくしてあげたほうが良いです。
ピルと一緒にお酒を飲むことについては、特に問題ないとされています。ただし、飲みすぎて下痢や嘔吐してしまうと、ピルの効果が弱まってしまう可能性があるので注意が必要です。
適度なアルコールは気分を高揚させますし、血液循環を改善する効果も期待できます。ピルとお酒を一緒にとることには問題はありませんが、飲みすぎには気をつけるようにしましょう。
また、ピル服用中の運動も問題ないとされています。